賃貸物件のデメリット

賃貸物件を借りる時に考えるのがメリットとデメリットです。
人により考え方で変わりますが、デメリットを考えてみましょう。
借りている物件なので、自由に使用することができません。
押しピン1つ使用できない物件もあります。
壁掛け時計やポスターなどの使用ができないことになります。
物件のリフォームなどには大家さんの許可が必要です。
勝手に壁紙を変えたり、畳をフローリングに変えたりすることはできません。
家賃を払い続けても自分のものにはなりません。
使用している限り家賃を払わなくてなりません。
持ち家の場合には、ローンが完済すれば支払い義務はありませんが賃貸の場合には使用中は支払い義務が生じます。
ペットを飼ったり、同居人が増えたりした時にも報告や許可が要ります。
物件に何かあれば報告義務が生じます。
地震や台風などで物件が壊れたりした時には、報告しなければなりません。
退去時には、使用していて破損があれば修復義務があります。
デメリットも多数ありますがメリットも多数あります。
考え方は、人それぞれです。